【動画公開】緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える」

2019年10月21日(月)に、株式会社農業技術通信社/食品安全情報ネットワーク主催の緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える」が、TKP東京駅日本橋カンファレンスで開催された。
そのダイジェスト動画、全編動画を公開します。

・ダイジェスト動画

・全編動画

■セミナーについてのレポート記事 
※個別の講演内容やパネルディカッションをまとめた記事がご覧いただけます。

【テーマ】
「農薬の安全性とラウンドアップの風評被害」
―科学を無視した世界規模の風評発生メカニズムを解く―

【プログラム】
「主催者あいさつ」
昆吉則氏(株式会社農業技術通信社代表取締役兼『農業経営者』編集長)
小島正美氏(食品安全情報ネットワーク代表、食生活ジャーナリストの会代表、元毎日新聞社編集員)

「本セミナーの問題提起」
浅川芳裕氏(農業ジャーナリスト、農業技術通信社顧問)

【講演1】「農薬の安全性はどのように確かめられているか」
青山博昭氏(一般社団法人残留農薬研究所業務執行理事・毒性部長) 
残留農薬研究所は、農薬が登録される前に、ありとあらゆる副作用などを見つけ出し、その上で、曝露評価と合わせて、リスク評価をするためのデータを採取する。これを必要に応じて、食品安全委員会に提供し、論文として世間に公表する。ここでは、ラウンドアップの風評被害について議論する前に、農薬の安全性はどのように確かめられているかについて、青山博昭氏が解説した。
詳細記事

【講演2】「科学を無視した世界規模の風評発生メカニズムを解く」
唐木英明氏(公益財団法人食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授)
ラウンドアップは1974年に発売以降1996年までの20年以上、安全性についての問題提起がなされることはなかった。しかし近年、アメリカではがんとの関連性をめぐる訴訟が続き、日本国内ではラウンドアップの風評がネットメディアやSNSで加速している。唐木氏は、この状況の背景を読み解き、科学的な視点で解説した。

【パネルディスカッション】「ラウンドアップ風評問題の構造理解」(講演録準備中)
登壇者:青山博昭氏、唐木英明氏、水木たける氏(「あっぷるりんご園」代表)、浅川芳裕氏
コーディネーター:小島正美氏
ラウンドアップ風評問題の構造はどのようなものなのか。農薬の専門家と農業の経営者が一堂に会し、「毒性学」「リスク分析学(規制科学)」の科学的な視点からの解説に加え、ラウンドアップ裁判に対するアメリカ農業界の反応と対応、日本の「農業現場」の視点からラウンドアップ問題について熱い議論が交わされた。
記事詳細

カテゴリ
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top